スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(前の記事の続き)毎年10%のインフレを起こしながらなおかつ資産家以外の労働者が苦しまない政策が、一人当たり200万円ばら撒き案です。具体的には、一年目60万円、二年目50万円、3年目40万円、4年目30万円、5年目20万円ばらまくのですが、5年に分けた意味はいっぺんにばら撒けば預金に回されるのが目に見えているからです。1年目の60万円でも4人家族なら240万円になり、家計は潤い半分は消費に回されるでしょう。来年も再来年もお金が天から降ってくるなら半分くらいは使ってもいいという空気が醸成されると読んでいます。一人当たり30万円として総額36兆円が消費に回されるとして、8%GDPを押し上げられます。後の2%は企業の業績も回復するでしょうから何とかなるでしょう。                                       このばら撒き案に対しては、国家財政が大赤字のときにさらに赤字を積み上げていいのかという反論がくるでしょう。しかし、いくら緊縮財政をしいても1100兆の赤字は解消できません。緊縮財政の先にあるのはハイパーインフレと国家破綻のみです。今、日本はインフレ政策を採るしかないのです。このばら撒き案はどうせ実現不可能ですが、私には日本のとるべき道はほかにはないように思えるのですがどうでしょうか。次の記事は、どうして日本の刑法には終身刑がないのかおかしいだろうについてです。    
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。